So-net無料ブログ作成

Queen/『Days Of Our Lives』 [DVD]

Days-of-Our-Lives.jpg2012年の年明けは干支に絡んだ記事や2011年を振り返る記事を続けてきたので、2012年最初の紹介記事は昨年暮れにようやく日本版がリリースされた Queen の2枚組 DVD『Days Of Our Lives』でスタート!

この DVD は昨年イギリスの BBC で二晩にわたってオンエアされた合計2時間の特番『Days Of Our Lives』を1枚目に収録し、2枚目にはその特番で使われた映像の編集前の素材や、特番でオンエアされなかった話題などが『Additional Sequences』と『Bonus Interviews』のセクションに収録されている。

ここまでの内容は海外では Blu-Ray 盤としてリリースされたが、日本版では2枚組 DVD として収録された。(残念ながら日本版 Blu-Ray 盤のリリースは現時点ではないようだ)

さらに日本版『Days Of Our Lives』には2000年代に新たに作られた PV や、1975年と1982年の来日時の映像などが収められていたが、海外版との差別化を狙ったのかもしれないがどの内容も中途半端な印象だった。

2話構成の『Days Of Our Lives』は1980年頃を境に前後編に分かれていて、Brian May と Roger Taylor のふたりは現在から過去を振り返るコメントを。Freddie Mercury と John Deacon のふたりについてはその当時に受けたインタビューが随所に挿入され、他に当時のマネージャーやプロデューサー、ローディなど極少数の関係者が当時の状況を丁寧にコメントしていた。

Brian がドラマー募集の貼り紙をして Roger と出逢った頃からこの特番は始まり、Freddie が亡くなり、John も音楽業界から身を退き、再び Brian と Roger のふたりに戻ってしまったわけだが、この2時間に及ぶエピソードを見ていて Brian と Roger のふたりが Queen を回顧するのは至極当然のことで、このふたりしか、その役はいないとも思えた。

いろいろ珍しい話題が出てくる『Days Of Our Lives』だが、やはり、これは実際に見てその面白さを堪能してほしいところ。後半のエピソードでは避けて通れない話が出てくるが、Roger がその話をしている最中に言葉に詰まるシーンから涙腺が緩くなり、そこから最後のシーンまで涙が止まらなかった。

Queen を回顧するドキュメントだと最後にかかる曲は『The Show Must Go On』か、番組のタイトルに使われた『These Are The Days Of Our Lives』でエンド・ロールだろうと思っていたが、最後に使われたのは『A Kind Of Magic』だった。まさに Queen が4人で活動していた20年は「ある種のマジック」だったと思わせる終わり方だった。

『Days Of Our Lives』は1枚目の DVD の内容だけでも十分だったが、2枚目の DVD にある話題の中では『B-Sides』が面白かった。ここでは Brian がシングルB面について語るが、シングルが売れるとB面曲を書いた者にもA面と等しく印税が入る仕組みで『Bohemian Rhapsody』が売れたときはそのB面が Roger の『I'm In Love With My Car』だったので、当時 Roger にも多くの印税が入り、それが腑に落ちなかったと語る Brian の表情がとても面白かった。

DVD の2枚目にある内容は必ずしも特番と被らない内容でなかったので、DVD 化にあたって2枚組にするなら、もう少し違う話題を入れて欲しかった。この点が『Days Of Our Lives』の唯一の不満点だろうか。

2011年は Queen にとってバンド結成から40周年だったが、実質4人が共に活動したのはその半分。そのまた約半分をリアルタイムに体験できたのはとても幸運なことだった。そして、この4人にしか出来なかったことを、こうしてまた映像として振り返ることが出来たのもまた幸運だったと思える DVD だった。

Days-of-Our-Lives.jpgDays Of Our Lives
【DVD 1】
Days Of Our Lives Episode One
Days Of Our Lives Episode Two
Additional Videos
 Seven Seas Of Rhye
 Killer Queen
 Somebody To Love
 We Are The Champions
 Crazy Little Thing Called Love
 Under Pressure
 Radio Ga Ga

【DVD 2】
Additional Sequences
 Queen: The Beginning
 Queen On Tour 1974-5
 Bohemian Rhapsody
 Working Together
 Leaving John Reid 1978
 Don't Stop Me Now
 Flash Gordon
 Making Videos
 Scrabble Wars
 From Magic To The Miracle 1986-89
 Going Slightly Mad: The Making of Innuendo 1990-91
 Made In Heaven 1995
Bonus Interviews
 Return To Imperial College
 Brian's Health Scare 1974
 Manager Jim Beach Meets The Band 1975
 B-Sides
 Freddie's Outfits
 Another One Bites The Dust
 Song Writing Ballance Changes 1980's
 Freddie Legends!
 Highlander
 The Show Must Go On

【日本版『Days Of Our Lives』のみ収録】
●アディショナル・ビデオ
 手をとりあって(2005年プロモ・ビデオ)
 ボーン・トゥ・ラヴ・ユー(2004年プロモ・ビデオ)
●クイーン・イン・ジャパン 1975年
 記者会見
 茶席
 ライブ・アット武道館
 (ナウ・アイム・ヒア~キラー・クイーン~神々の業)
●クイーン・イン・ジャパン 1982年
 ライブ・アット西武ライオンズ球場
 (ラヴ・オブ・マイ・ライフ~セイヴ・ミー~ウィ・ウィル・ロック・ユー)
●フレディ・マーキュリー生誕65周年記念トリビュート・ビデオ

blogram投票ボタン
いつも、ご覧下さいまして、ありがとうございます!
1日1回のクリックがランキングに反映されますので
お楽しみ頂けましたら、クリックして頂けると幸いです!!
タグ:Queen 2011


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0)▲ページトップ▲

nice! 1

コメント 2

マチャ

なるほど、「A Kind Of Magic」で締めくくりでしたか。
フレディが亡くなった今でも、魔法は続いているように
思えます。

世代的に、リアルタイムにほとんど引っかからなかったのが
悔やまれます(>_<)
by マチャ (2012-01-06 18:05) 

MCMLXV_65

マチャさん、コメントありがとうございます。このDVDにある2時間の特番、まだ知らなかったことがたくさんあって、Queenをリアルに体験できなかった世代にも見てほしいですアイテムですね。
アルバムを作ったスタジオにもそれぞれ理由があってのことだったり、そして、そのスタジオで起きたことが語られていたりと、「なるほど」と頷けることもたくさんありました。
ぜひ機会があれば一度ご覧頂きたく思います。
by MCMLXV_65 (2012-01-06 18:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事と無関係なコメントの入力を固くお断りします。
無関係なコメントは見つけ次第、即、削除します。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
All Photo and Text copyright(c) White Dragon All Right Reserved.
Related Posts with Thumbnails