So-net無料ブログ作成

Billy Joel/『Live At Shea Stadium』 [DVD]

Live-at-Shea-Stadium.jpg2008年の7月16日と18日、ニューヨークにある Shea Stadium で行われた Billy Joel のライブを収めた『Live At Shea Stadium』の日本盤は、約2時間半強の DVD と、それと同じ曲順の 2枚の CD に加えて、約1時間半のドキュメンタリー『The Last Play At Shea』の DVD が付いた豪華な内容だった。

CD とライブ本編を収めた DVD の収録曲は同じだが、DVD は字幕で日本語を選ぶと Billy の MC を含め、歌詞の日本語訳も併せて表示される。このライブでプレイされた曲の中には地元ニューヨークに関係した箇所が随所にあり、その部分になるとスタジアム全体が大いに沸くので、日本語字幕をオンにして DVD を観ると、よりそのライブの雰囲気に浸ることができる。

DVD を見た後、その余韻を2枚の CD でまた楽しめるのも、このパッケージのいいところ。そして、この記念すべきライブの舞台裏を収めたドキュメンタリー『The Last Play At Shea』の DVD もあるので、少し高価だが日本盤を選択して良かった。

Shea Stadium に詰めかけたファンの中には、ここを地元とする MLB のニューヨーク・メッツと、同じニューヨークをフランチャイズにするニューヨーク・ヤンキースのファンが混在していて、Billy がどちらのファンかを尋ねるとヤンキース・ファンの歓声に少しだけブーイングが混ざっているのがおかしかった。

Shea Stadium でのセットリストは、ここ最近の Billy のプレイしているライブに近い内容で、日本のファンにお馴染みの『The Stranger』や『Honesty』こそプレイされなかったが、Billy のファンによく知られた曲ばかりがプレイされ、中にはシングルにならなかったが、アルバムでも人気の『Summer, Highland Falls』や『Zanzibar』が Billy の紹介を受けてプレイされた。

そしてニューヨークに縁のある Tony Bennett が序盤の『New York State Of Mind』で早くも登場し、スタジアムに詰めかけた約57,000人の盛り上がりも一際高くなる。ステージ以外に、ファンの表情もこのライブではよく映しだされるが、誰もが楽しそうな表情で、このライブの楽しい雰囲気をよく伝えていた。

そして、1982年の問題作『The Nylon Curtain』に収められた『Allentown』や『Goodnight Saigon』で画面に表示される歌詞は、今でもその内容に変わりのないことが刻まれていて、約30年の年月が経っても少しも色褪せていなかった。

二人目のゲストとして登場の Garth Brooks は日本に馴染みのないカントリー界の大物だが、続く『This Is The Time』では John Mayer がギターだけでその存在感を披露。ボーカルより雄弁に、この『This Is The Time』という曲を盛り上げていた。

『We Didn't Start The Fire』では久しぶりに日本語の歌詞を見て、(いろいろな出来事の元となる事柄に直接) 火を点けたわけではないが、過去の歴史は多くの良いことや悪いことが起きていると、この曲がリリースされた1989年より、強く感じられた。

『Allentown』もそうだが、曲の持つ雰囲気から歌詞が持つ深刻な面を感じずにいたが、『We Didn't Start The Fire』でも Billy が持つギターにばかりに注目してしまい、曲の持つ本来の意味を1989年当時は深く考えていなかった。

終盤に向かったライブは最後のゲスト Paul McCartney が登場。『I Saw Her Standing There』をプレイして一度ステージを退くが、普段の Billy のライブで最後にプレイされる『Piano Man』後に再びステージに上がり、このライブで本当に最後の曲『Let It Be』を、Billy に代わってピアノを弾きながら歌う。

『Piano Man』の前に1分足らずの『Take Me Out To The Ball Game』で Shea Stadium を名残惜しむファンの大合唱が起こるが、『Let It Be』で Shea Stadium での最後のライブは終了となる。

このライブで披露された曲は聴いたことのある曲ばかりで、見た目もすっかり変わってしまった Billy だったが、その歌詞の持つ意味を画面を通して見ながら聴くと、改めて Billy の書いた歌詞の普遍さや、ニューヨークという地元を想う Billy の歌詞の深さを知ることができる2時間半だった。

Live-at-Shea-Stadium.jpgLive At Shea Stadium Live At Shea Stadium - The Concert - Billy Joel
Prelude / Angry Young Man
My Life
Summer, Highland Falls
Everybody Loves You Now
Zanzibar
New York State Of Mind (with Tony Bennett)
Allentown
The Ballad Of Billy The Kid
She's Always A Woman
Goodnight Saigon
Miami 2017 (Seen The Lights Go Out On Broadway)
Shameless (with Garth Brooks)
This Is The Time (with John Mayer)
Keeping The Faith
Captain Jack
Lullabye (Goodnight, My Angel)
The River Of Dreams / A Hard Day's Night
We Didn't Start The Fire
You May Be Right
Scenes From An Italian Restaurant
Only The Good Die Young
I Saw Her Standing There (with Paul McCartney)
Take Me Out To The Ballgame
Piano Man
Let It Be (with Paul McCartney)

blogram投票ボタン
いつも、ご覧下さいまして、ありがとうございます!
1日1回のクリックがランキングに反映されますので
お楽しみ頂けましたら、クリックして頂けると幸いです!!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)▲ページトップ▲

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

記事と無関係なコメントの入力を固くお断りします。
無関係なコメントは見つけ次第、即、削除します。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
All Photo and Text copyright(c) White Dragon All Right Reserved.
Related Posts with Thumbnails