So-net無料ブログ作成

2012年下半期、人気ブログ記事トップ5→1 [このブログの紹介]

今回は昨日に続き、2012年下半期に紹介した記事の中から、アクセス数の最も多かった Top5 を紹介。集計結果を見て自らも驚いたが、あのベテラン・バンドに関する記事が、ほぼ独占という結果になった。

━━━★☆★☆★━━━

位:◆Jeff Lynne/『Long WaveLong Wave - JEFF LYNNE
LongWave.jpg第5位にランクインしたのは、きのう紹介した Donald Fagen の新譜同様、こちらも実に久しぶりのソロ・アルバムをリリースした Jeff Lynne の『Long Wave』だった。ソロ・アルバムと言っても、純粋な新曲を収めた新譜ではなく、全編カバー曲で構成されたアルバムで、これにはファンの間でも賛否が分かれたのではないだろうか。

Jeff のアルバムもまた、今の主流、アルバム1枚で1時間を軽く超えるボリュームに逆らい、全10曲で30分足らずと短い収録時間のアルバムだったが、こちらも何度もジックリと聴けたアルバムだった。『Long Wave』に同封されたチラシによれば今年はソロ・デビュー盤や、Electric Light Orchestra 時代の旧譜やライブ盤のリイシューも控えているようなので、今年も Jeff の動向に注目だ。

位:◆The Rolling Stones/『Light The Fuse
LightTheFuse.jpgここから上位 Top4 は The Rolling Stones 関連記事が独占! その最初が2011年11月から始まった StonesArchive.com からのライブ音源発掘シリーズの第5弾、カナダのトロントで行われた A Bigger Bang Tour のウォームアップ・ギグ『Light The Fuse』だった。

これまでのフル・ステージを収めたライブ盤ではなく、意表を突いたウォームアップ・ギグの発表は、この後に行われた50周年記念ライブを盛り上げる PR の一環なのか? とも思えた。しかし、内容は普段のライブでは見られない、ちょっとルーズな雰囲気もあり、これも The Rolling Stones のあまり表面に出てこない一面として、貴重な音源の発表だったのではないだろうか。

位:◆The Rolling Stones/『GRRR!GRRR! (Deluxe Version) - ザ・ローリング・ストーンズ
GRRR.jpgそして第3位はジャケットのデザインや、そのタイトル、そして選ばれた曲や、その並び方についてと、大いに賛否が論じられた The Rolling Stones の新装ベスト盤『GRRR!』だった。入手したのは50曲入り、3枚組の Deluxe Edition で、この上に更に大きなボックスで80曲入りがあったが、とても手が出なかった…。

新たな2曲は概ね好評なようだが、個人的には未だに「…」な印象で、それは変わらない。リリース前には今回は購入しないかなぁ…と思ったが、やはり無難なバージョンを選び、まさに The Rolling Stones の目論見どおりの結果に落ち着くことに…。音質が意外にも良かったのが思わぬ収穫だった。

位:◆The Rolling Stones/『Live At The Tokyo Dome
LiveAtTokyoDome1990.jpg第2位にランクされたのは The Rolling Stones の初来日公演、1990年の東京ドームでのステージを収めた『Live At The Tokyo Dome』だった。これは StonesArchive.com からの第4弾で、事前予想では第4位にランクされたトロントでのウォームアップ・ギグだったので、突如リリースされた、この東京公演は大いに驚いた。

日本のファンにすればブートレグ (海賊盤) でお馴染みの内容だったので、もっと他のタイトルを希望する声も多かった。

しかし、このシリーズでお馴染みの Bob Clearmountain による丁寧なリマスタリングの結果は素晴らしく、ジャケットに描かれた宇宙船 (飛行機?) の冴えないデザインも懐かしく、映像はないものの、いろいろな初来日の思い出が蘇るライブ盤だった。

位:◆The Rolling Stones/『Live At Leeds Roundhay Park 1982
RoundhayPark.jpgそして、2012年下半期に最もアクセスを集めた記事は、The Rolling Stones の公式ブートレグの第6弾 (で、一応最後とされている) 1982年の欧州公演から『Live At Leeds Roundhay Park 1982』だった。

このときのツアーは既に1981年の北米ツアーから『Hampton Coliseum (Live, 1981)』が2012年の2月に StonesArchive.com からリリース済だったので、収録曲の面では大半が被る内容だった。

第5弾の『Light The Fuse』から、ほとんど間をおかずにリリースされ、同時期のツアーから2枚目のライブ盤だったこともあり、これもまた賛否両論のアイテムだった。これまでは Google Play で先行配信後、すぐに StonesArchive.com からも購入できたが、これはそうならず、特定の URL を直にアクセスする必要もあった。

━━━★☆★☆★━━━

と、駆け足で辿った2012年の閲覧数上位 Top10。自分でも意外な結果で、集計方法に間違いがあるのでは…? と疑い、何度も見直したが、やはり、これが正しい2012年下半期の結果だった。

2012年は The Rolling Stones の50年という節目も重なり、このような結果に繋がったが、その The Rolling Stones は今年ワールド・ツアーをするかもしれないという噂がチラホラ…。その動向次第で The Rolling Stones に関する話題はまた記事にする予定なので、今年もまた、多くのアクセスを集める結果になるかも。

だが、それ以外にも多くのアーティストやバンドを新旧問わず、そして、多くの気に入ったアルバムや曲を出来る限り毎日紹介していきたいと思っている。

blogram投票ボタン
いつも、ご覧下さいまして、ありがとうございます!
1日1回のクリックがランキングに反映されますので
お楽しみ頂けましたら、クリックして頂けると幸いです!!
タグ:CD 2012


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)▲ページトップ▲

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

記事と無関係なコメントの入力を固くお断りします。
無関係なコメントは見つけ次第、即、削除します。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
All Photo and Text copyright(c) White Dragon All Right Reserved.
Related Posts with Thumbnails