So-net無料ブログ作成

ZZ Top/『La Futura』 [CD]

La Futura.jpegオリジナルのスタジオ・アルバムとしては、2003年の『Mescalero』以来、9年ぶりの2012年にリリースされた ZZ Top の『La Futura』。前作は16曲で約66分もあったのに対し、『La Futura』は10曲で40分弱とコンパクト。やはり、アルバムは最初から通して聴くのに、これくらいのボリュームがちょうどいい。

『La Futura』では、それまで在籍していたレーベル RCA から、Billy Gibbons とアルバムを共同プロデュースする Rick Rubin が立ち上げた American Recordings へと移籍。1980年代のシンセサイザーを導入した頃のサウンドと違い、それ以前の、初期の頃を思わせるサウンドへ戻った。

とは言うものの、1971年のデビュー盤から ZZ Top のスタイルは一貫している。1980年代の『Eliminator』からの3枚のアルバムだけが、「ZZ Top も時代に迎合せざるを得なかったか?」と、思わせる作りだった。

2015年時点での最新スタジオ・アルバム『La Futura』は、1970年代の活動を知るファンにすれば、至極当然な音で、驚きは少ないかもしれない。

『La Futura』からのシングル・カットは一枚もなかったが、Billboard 誌のアルバム・チャートでは最高6位を記録。デビュー盤から不動のメンバー、Billy Gibbons、Dusty Hill、Frank Beard の3人による『La Futura』は、乾いた秋の空の下で聴くのに心地良いアルバムにも感じる。


blogram投票ボタン
いつも、ご覧下さいまして、ありがとうございます!
1日1回のクリックがランキングに反映されますので
お楽しみ頂けましたら、クリックして頂けると幸いです!!
タグ:2012 ZZ top


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)▲ページトップ▲

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事と無関係なコメントの入力を固くお断りします。
無関係なコメントは見つけ次第、即、削除します。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
All Photo and Text copyright(c) White Dragon All Right Reserved.
Related Posts with Thumbnails